イベント

イベントが始まったら書く

スケジュール

今日:
明日:

※日付変更は午前4時

【5000文字以上】アズリウス設定の考察・分析・アビサルとの関係等 「私に触れてください…」【アークナイツ】

アズリウス

警告。今記事には個人的な見解、推測、ネタバレ(オペレーターの資料、昇進イラスト)を含んでいます。オペレーターの印象が変わる可能性があります。

基本データ

アズリウスは勢力「アビサル」と関連しています。アズリウス自体は「アビサル」のメンバーではありません。アズリウスとスペクターの間に関係線があります。

そして可愛い★5のオペレーターであり、嫁です。

名前のモデル・由来

アズリウスの英語名は「Blue Poison」です。Blue Poison に特別な意味はなく。アズリウスのスキル、その印象を表したものだと思います。

アズリウスの中国語名は「蓝毒」と言います。意味はそのまま「青い毒」です。

アズリウスの種族はアヌーラ。生物学的には「カエル」に分類されます。アヌーラは尻尾がない無尾両生類とも言われており、アヌーラに分類される生物の殆どは「毒」を持っているケースが多いです。

毒の強さには種類によって異なります。毒が弱いものは「海洋ヒキガエル」と呼ばれています。

名前に海洋と付いていますが、海洋に住むことはできません。おオタマジャクソンは15%の塩分濃度の海水でも生き残る事できるため、名前をつけた生物学者は、海洋ヒキガエルは海水でも「生き残れるだろう」と誤解したため、このような名前が付きました。

毒が強く有名な種類は「ヤドクガエル」です。ヤドクガエルの大きさは非常に小さく、1~5cm程度、見た目は黒色と鮮やかな赤、ピンク、黄色、青色が組み合わさった色です。アズリウスのイラストからも分かる通り、青色のヤドクガエルがモチーフになっていると思われます。

ヤドクガエルの英語名は「Poison dart(矢) frog」と言います。カッコイイですね。日本語名がアズリウスなのは、青色を表す「Azure」から文字ったものだと思います。

アズリウス 昇進2
青いヤドクガエル

ヘッドフォンとフードの見た目は、ヤドクガエルの目と頭の形っぽいです。腕の模様はヤドクガエルの模様のパターンと一致しています。

青いヤドクガエルはヤドクガエルの中でも結構大きい方ですが、大きさはたった4cmしかありません。(アズリウスの身長は157cmで女性オペレーターの中でもかなり低めです)

そして明るい青色は捕食者に対し「私危険だよ~」と知らせます。青色は自然界で非常に希少な色で、この色を持つものは危険なものが多いです。(毒キノコとか)

ヤドクガエルの毒は強力で自分よりも大きい生き物でも簡単に倒すことができます。それを裏付けるかのように第4資料にはこんなことが書かれています。

大型生物との戦闘現場を目撃したと言う報告があるが、しかし明確な証拠はなく自身も戦闘経験は無いと申告しているため真偽は不明。

アズリウス 第四資料の前文

年齢の推測

アズリウスの昇進イラストは完全に大人になっているわけではありません。(変な意味に解釈したドクターの心は穢れています)

カエルの成長過程は大まかに、受精卵、オタマジャクソン、幼いカエル、成体の4段階に分けることができます。

次にアズリウスの昇進イラストを見てみましょう。頭がカエルになっているのはわかりますが、まだ尾が残っています。

ということはアズリウスはまだまだ若いと考えることができます。(可愛かったら年齢とか関係ないけど・・・)

目については次のようなセリフがあります。

あら、私のことをじっとお見つめになって、何かご用ですの?……はい?私の目が珍しい?……ドクター、それで褒めているおつもり?

アズリウス 会話3

現実世界の青い目は特に珍しいことではありません。世界の人口の約8%は青い目を持っています。青い目は北ヨーロッパと東ヨーロッパに多く、他の地域ではメジャーではありません。

もしかしたら深い意味があるのかもしれません。もしくはアークナイツに青い目のオペレーターが欲しかったのかも…

通常のカエルは丸い目にひし形の瞳孔があります

日本人で青い目に憧れる人が多いですが、青い目、その他色の付いた目は弱点があります。

弱点はメラニンの少なさによる「眩しさ」です。メラニンは多ければ多いほど太陽の光を和らげてくれます。反対にメラニンが少なければ太陽の光を和らげてくれないので眩しく感じます。欧米人がサンググラスを描けている理由も「眩しさ」によるものだと思います。

メラニンの量によって目の色は変化します。メラニンの量が多ければ黒っぽく、少なければ青、緑色等に変化します。

戦い方

資料によれば主にクロスボウと毒矢を使用して戦うと記載されています。

アズリウスが使用している小型クロスボウは、かなり優れた射程と威力を持つ狙撃武器だと証明された。
さらに彼女が調合した毒薬を含んだ矢は、「優雅ではないから」という理由で、敵に悲惨な死に方をさせない。

アズリウス 第一資料

実際に戦ってみると液体が蒸発?するような音が聞こえると思います。「強力な毒なんだなぁ~」と勝手に思っています。

毒はアズリウスの体内で作られるものですが、現実世界でも毒を使う人達がいます。

それは中南米のインディアン達です。彼らは火でヤドクガエルをローストにし、背中から出てくる毒を狩り等に使用します。

デザート

※翻訳ミスがかなりあると思います。

アズリウスは暇な時は趣味に時間を使います。アズリウスの趣味ありふれたもので、「デザート作り」です。

ウルサス学生自治団のキッチン役のグムとのデザート対決?では多くのオペレーター達がグムのデザートを選びました。

どうしてケーキを見てボーッとしているか、ですか?私が皆様に焼いたケーキなんですが、誰も食べてくださらないのです……もしかして、ドクターが食べてくださると?

どうして誰も食べれくれないのでしょうか。こういった疑問が生まれます。

Q:アズリウスが作ったデザートは何色なのか?

これは推測に過ぎませんが、恐らくアズリウスが作ったデザートは主に青等の冷たい色である可能性が高いと考えられます。

このように推測する理由は次の通りです。

  • 食欲は色によって影響を受ける
  • 青色

食欲は色によって影響を受ける

これは簡単ですね。グムが通常の色のデザートを作ったのに対し、アズリウス」が黒、ピンク、青色のデザートを作ったとすれば、普通であればグムの普通の色のデザートを選ぶでしょう。

青色

先述の通り青色は自然界にて珍しい色です。完全な青いバラを作ることは難しいですし、青色が危険な色であることは本能的にわかります。

これらの理由から多くのオペレーターは、通常色のデザートは食欲をそそりますが、青色で危険そうなデザートは本能的に食べたくありません。したがって多くのオペレーターはアズリウスのデザートを食べなかったと推測できます。

アビサルとの関係

信頼度の関係図ではアズリウスはアビサルのグループに属しています。スペクターとも関係線が繫がっています。

大型生物との戦闘現場を目撃したと言う報告があるが、しかし明確な証拠はなく自身も戦闘経験は無いと申告しているため真偽は不明。
また、初対面の挨拶でスペクターを本名で呼んだらしいが、誰にでも礼儀正しい性格であるため特定の関連を裏付けるものとはなっていない。

アズリウス 第四資料

「大型生物との戦闘現場を目撃」から次のような推測ができます。

アズリウスがアビサル軍と戦った

しかしこの推測が完全に正しいとは言い切れません。理由は「ヤドクガエルが泳ぐことができない」からです。

高級洋服店のショッピングカード。いつもの服は片付けて、オシャレを楽しみましょう。

アズリウス 印 (翻訳

アズリウスの印はセリフとも関係しています。

ドクターはいつも同じ服を着てらっしゃるのね。なんなら新しい服を選んでしてさしあげましょうか?私、服のコーディネートには自信がありますのよ。……あら、制服は勝手に変えてはいけない……ですか?

アズリウス 信頼度上昇後会話1

他のオペレーターに比べて、アズリウスはオシャレ好きであることが推測できます。

内面・魅力

遂にこの項目にたどり着きました。アズリウスの内面を考察してみました。

アズリウスのアイデンティティである「毒」は望んで手に入れた物ではありませんでした。この「毒」によってアズリウスはかなり辛い思いをすることになります。ロドスにいる今も他のオペレーターからは少々距離を取られています。

アズリウスの性格は素敵なものですが、実際は恐ろしい能力を持っていると噂があり、恐れられています。

個性的な能力のかげに隠された、真摯で穏やかな心の持ち主であることが分かるはずだ。

アズリウス 第一資料

アズリウスによると、小さい頃から、自分自身が「毒物」だということを理解していた。
命あるものもないもの、全てのものには弱点がある。
その小さな弱点を特定の毒物を利用して、致命傷までに発展させることが、
自分の「毒物」としての能力であると解釈している。
現段階のアズリウスの毒物生成能力に関して、ケルシー医師は自ら実験を行い、日常的にサンプリングを行っている。
アズリウスが安心したのは、ロドスという組織は適材適所で仕事ができ、強い道徳観に縛られることはないため、
毒物能力を最大限に活用できることだ。
アズリウスは自分が「毒物」である事実に、やや否定的な様子だ。
「もしその能力がみんなに受け入れられ、自分が毒物であっても誰も態度も変わらなければ自分の能力を受け入れられるか」
という質問に対して、アズリウスははっきりした答えを出さず、しかし礼儀正しくかつ曖昧な態度で誤魔化した。
アズリウスは自分が毒物であることに嫌悪感を抱いているか、
徐々に受け入れられるようにはなったが自分と接すると態度が変わる相手と対峙すると複雑な思いを抱えるのか、
その答えはドクターが彼女に接してから明らかになるだろう。

アズリウス 第4資料

「毒」によってつらい体験は多かったと思いますが、現在はアズリウス自身の成長に繫がっていると思います。

私は敵から最も忌み嫌われる存在ですの。仕方ありませんわ、「毒物」などに苦しんで殺されるなら、真っ先にそれを消そうと考えるのは当然ですもの。……時々、味方も同じことを考えているのではないかと不安になります

アズリウス 昇進後会話1

あらあら、そんなに私を避けなくても大丈夫ですのよ……。

アズリウス 行動出発

「“毒物”が陰謀と罪悪に勝るだなんて。どう?皮肉な話だと思いませんこと?」

アズリウス 4星行動終了

セリフから劣等感、自己否定の感情がかなり大きいと推測できます。数少ないオペレーターを治療できる能力は、自身を支える糧をなっていると思います。

私は「毒物」なので、誰も私に近づこうとしません……。でもドクターは、こんな私の側にいてくださる……嬉しいです……本当に……。

アズリウス 信頼度上昇後会話2

本当のところ、私の身体は皆様と同じですの。私が「毒物」だからといって、触れると何か起きるなんてことはありませんのよ……。ドクターがそれを証明してくだされば、皆様も信じてくれるかもしれません……。ドクター、もしよろしければ、皆様の前で私の手に触れてくださるかしら?

アズリウス 信頼度上昇後会話3

い、いま、私に触れてくださったのですか?……も、もう一度、もう一度、お願いできないかしら…?

アズリウス ハイタッチ

人は長い間、暴力、うつ状態に苦しんでいると、表上は他人に優しくなります。しかしこれは単なる防衛本能に過ぎず、自身の精神状態を保っていたいが為の行動です。こんな時にアズリウスがドクターと出会えたのは幸運と言えるでしょう。

幾多の戦いで功績を得られて、私も本望ですわ。ありがとうございます。

アズリウス 昇進後会話1

「毒物」として負い目を感じながら生きていくより、ありのままの自分を受け入れて、運命を変えられる努力をしよう――こんなささやかな夢を叶える機会を与えてくださったのはドクター、あなたですわ。本当に、感謝してもしきれませんわ……。

アズリウス 昇進後会話2

アズリウスがドクターに寄せる思いは「友情以上、愛情未満」で、他のオペレーターよりもドクターに関心があるみたいです。しかしアズリウスの愛情が大きくなればドクターを「傷つけて」しまうかもしれません。

ヤドクガエルの交尾では、メスが主導権を握ります。

あら、ごきげんよう、ドクター。今日もお元気そうでなによりですわね。

アズリウス 助手に任命

解毒剤を調合しましたの、普通の毒ならまず解毒できますわ。作戦前には必ずお飲みになって。よろしいですわね?

アズリウス 会話1

ドクター?……あら、お休みになられたわね。何かお掛けするものはないのかしら……。

アズリウス 放置

「意味深な」話し方をするグラベル、プラチナ、アンジェリーナと比較して、アズリウスの思いはドクターにあまり干渉しない程度です。アズリウスの思いはアズリウス自身を救い、人生に大きく関わっていると思います。

しかしドクターにとってアズリウスは、「普通のオペレーター」であり、特別な感情はないと思われます。ただ間違いないのはドクターはアズリウスにとって「かけがえのない存在」ということです。

彼女に触れてあげてください、ドクター……

こんな悲しいシナリオは嫌だ!誰かドクターxアズリウスの純愛作品をお願いします!

長い長い記事をご覧になってくださりありがとうございます。何か間違った点があればご指摘お願いします。アンケートを答えてくれると活動の励みになります。

Source:【明日方舟·考据向】人物设定浅析·深海猎人及相关(四):如果可以 请触碰我 蓝毒, [Arknights lore] Abyssal Hunters and Cute little frog – Blue Poison