イベント

イベントが始まったら書く

スケジュール

今日:
明日:

※日付変更は午前4時

【TD初心者必見】高度な戦術テクニック4つ紹介【アークナイツ】

テクニック

記事のわかりやすさが0なのでリニューアル版を作成する予定です。m(_ _)m

前書き

  • 戦術を説明する際、一部ネタバレを含む場合があります。
  • 該当するオペレーターを管理人が所持いない場合、文字だけでの説明になる場合があります。該当オペレーターをスカウトした際に画像を作成します。
  • テクニックの名称は正しい物ではない場合があります。

以上の要素がOKな方は御覧ください。

スプリットボックス

戦術

敵のヒットボックスのを2つのブロックで分割、遠距離オペレーターを安全な位置から攻撃させる戦術です。4-10を例にしてアーミヤを安全な位置から攻撃させます。

赤色が敵の攻撃範囲。オレンジ色がオペレーターの攻撃範囲、

敵がブロックとブロックの境界(緑色の✗)の上に移動するタイミングでオペレーターを配置します。

※敵が完全に入り切る前にオペレーターを配置する。

このタイミングで配置することで、遠距離オペレーターはボスの攻撃範囲に入っていません。ボスは遠距離オペレーターの攻撃範囲に入っている為、安全に攻撃することができます。

悪い例

このように配置すると遠距離オペレーターがボスに攻撃できますが、ボスの攻撃範囲と重なってしまうためダメージを受けてしまいます。

メリット

多様性があり安全に攻撃できる為、無駄に医療オペレーターを配置する必要減り、与えるダメージが増加します。

上の画像ではメランサをHPギリギリまで戦闘させ撤退。その後高速再配置が可能なレッド、グラベル等を配置。引き続き安全に攻撃できます。

Last second retreat

上手い翻訳が思いつかなかった。

戦術

この戦略では敵の進行を遅れさせ、メイン火力のダメージの肩代わりをさせ撤退させます。基本的に近距離オペレーターであれば使用できます。

画像と文字だけでは少し理解しにくいかもしれないです。

火力役の攻撃モーションが始まる。

攻撃モーションが始まる瞬間に盾役を配置。

時間稼ぎとして利用する場合、盾役を退却させる。

画像では配置前より配置後のほうがSPが3多い。多分もう少し耐えれるかも。

メリット

  • 火力役のスキル発動までの時間稼ぎができる。
  • 火力役の代わりにダメージを肩代わりできる。
  • ヴィグナ、プリュム等の場合、配置前よりSPが増加する。
  • 敵の進行が遅れる。
  • 盾役、火力役の2人で敵を攻撃できる。※1

※1 先に前衛を配置しておき、前衛の攻撃モーションが開始したら、重装を配置することでできます。この場合は撤退させる必要がないです。

ディレイ

戦術

名前の通り敵を進行をディレイ(遅れ)させます。4-10を例にして説明します。

フロストノヴァの進行を召喚系のメイヤー、ディピカ等でディレイさせます。

メリット

召喚物で繰り返しボスをディレイさせることで、オペレーターの配置まで時間稼ぎすることができます。

強制移動+スロー

戦術

名前の通り飛ばす系のショウ、エフイーター+スロー系のオーキッド、イースチナで敵一体をハメます。

source: Dreamy

こんな感じで敵をハメることができます。

使い所

  • 敵の強力な一発をもらわずに一方的に殴れる。
  • 強力な敵を倒す際に有効※2

※2 殲滅作戦 龍門郊外に出てくるヴェンデッタ(侍みたいなやつ)等。

まだまだ紹介するテクニックはありますが、今回はこのへんで…構成を考えずに書いたので非常にわかりにくい説明になってしまい申し訳ないです。リニューアル版を書こうと思います。

参考動画:Arknights Advanced Strategy Guide: Diving Deeper Into Game Mechanics – Warning: Potential Spoilers