イベント

イベントが始まったら書く

スケジュール

今日:
明日:

※日付変更は午前4時

【アークナイツ】安価で強い『チーム構成』ジョブの役割解説付き

2020年1月12日

チーム編成・構成は、アークナイツ内で最も重要ですが、アークナイツ内のチュートリアルでは、ほぼ説明がありません。

今記事ではこういったあまり触れられない「チーム編成・構成」について紹介します。


記事のメインコンテンツは「チーム編成・構成」ですが、少し魅力・面白さに触れさせてください。アークナイツの感想で「ストーリーが面白い」という感想はかなり多いです。しかし、ストーリーが面白いというのはゲームシステムに関する感想ではないので、アークナイツの「魅力・面白さ」を語る上で少し薄っぺらい気がします。
(もちろんストーリーは良い、特にダークファンタジー系?のジャンルが好きな人はぜひ見てほしい)

なので今記事前半では、ゲームシステム関する「魅力・面白さ」について、少し触れます。

まえがき 魅力・面白さ

アークナイツは「タワーディフェンスゲーム」です。
しかしアークナイツは、他のタワーディフェンスゲームと比較するとあることに気づきます。

それは「MMORPG要素」が含まれているということ。

各ステージのクリア条件は、普通のタワーディフェンスゲームと同じ(敵が攻めてくるのを防ぐ)ですが、アークナイツはMMORPGのレイド戦(皆で協力してボスを倒す 例:FF14等)とかなり似ている部分があると言えます。

様々なジョブ・特殊なボス・スキルのクールダウン管理等があるため、
アークナイツは「全キャラを操作するレイド」と言えるでしょう。

MMORPG同様、戦闘に参加できる人数には制限があるため、バランスの取れたチームが様々な状況に対応できるようにするのが重要です。

通常、ステージ毎に切り替える「ベースとなるチーム」として15~20人のオペレーターがいます。また彼らを支える補助オペレーター達の存在もかなり重要です。

それでは、チームの編成を始めましょう・・・

チーム編成 ベース作成

アークナイツで最も重要なことは、バランスの取れたチームを作ることです。序盤に焦点を当てて作成する今回の構成は以下のようなものです。

先鋒*2

先鋒は、Costを回復することができます。Costは他のオペレーター配置時に使用するので優先度は高めです。安価でオススメは「フェン★3・クーリエ★4、スカヴェンジャー★4

重装*2

重装は、敵の進行・ダメージを防ぐことができます。先鋒で手に負えなくなるラウンド後半に、先鋒と交換といった感じで使用する場合が多いです。オススメは「ビーグル★3・クオーラ★4・グム★4

狙撃

対空狙撃は、浮遊ユニットを優先して破壊できるダメージディーラーです。浮遊ユニットはブロック不可能なので、敵を早く倒すことが重要です。オススメは「クルース★3・ジェシカ★4・メテオ★4

医療*2

医療は、他のオペレーターを回復できます。しかし当然HPがゼロになれば撤退してしまい回復できなくなってしまい、他のオペレーターも撤退してしまうので、そうならない為にHPと配置が重要です。オススメは「ハイビスカス★3・アンセル★3・パヒューマー★4

単体攻撃術師

術師は術ダメージディーラーなので、高装甲ユニットのような高い防御力に対処するのが得意です。通常、単体攻撃術師は狙撃よりも少しCostが高いので、ラウンド後半に配置し戦うのが基本です。オススメは「アーミヤ★5・ヘイズ★4・スチュワード★3

範囲攻撃(AOE)術師

名前の通り範囲攻撃が可能な術ダメージディーラーです。Costがかなり高いですが、配置すれば敵が何体であろうが、攻撃できます。オススメは「ラヴァ★3・ギターノ★4・スカイフレア★5

前衛

前衛は、上記のジョブ達が交戦しても、対処が難しい敵を倒すのに役に立ちます。敵の術師なんかは非常に厄介なので早めに倒したい。オススメは「メランサ★3・マトイマル★4・フランカ★5

チーム編成 プラスα

上記のようなベースとなるチームを作成した後、必要に応じてオペレーターを追加します。

AOE狙撃

AOE狙撃は、射程距離が長く、AOEダメージで大量の雑魚を処理できます。しかしゲーム内でAOE狙撃のオペレーターは少ないので、持っていない場合があります。AOE狙撃無しでもステージはクリアできますが、可能ならチームに加えたいです。対象のオペレーター達「シラユキ★4・メテオリーテ★5

複数回復医療

複数人回復可能な医療は、ゲーム後半で活躍します。チーム全体が一定のダメージを受けるステージがあるので、そういったステージでは必ず欲しいです。しかしこちらもゲーム内で数少ないので、持っていない場合があるかも。対象のオペレーター達「パヒューマー★4・フィリオプシス★5・ナイチンゲール★6

単体回復医療*2

可能なら2人加えたい。単体回復医療の特徴として射程は長めです。マップで配置できる箇所が少なく、配置がしにくい場合「射程が長い」というのはかなり重要。対象のオペレーター「サイレンス★5

防御力の高い重装

物理防御力が高い重装は早めにレベルを上げたい。火力はもちろん、高いダメージを受けても撤退することはないので、戦況を回復しやすいです。対象のオペレーター達「クオーラ★4・リスカム★5・クロワッサン★5・ホシグマ★6

戦闘力が高めな先鋒

Costが十分でないラウンド序盤に役に立ちます。これらは、一部の曜日ステージで特に有効なので、持っておいて損はないです。対象のオペレーター達「ヴィグナ★4・プリュム★3

引っ張る+押す特殊

ステージ内には穴があるステージがあり、そこに敵を突っ込むと即死します。なので普通にクリアするのは難しいステージでも、簡単にクリアできるものもあります。対象のオペレーター達「ショウ★4・ロープ★4

遠距離攻撃前衛

遠距離攻撃前衛は、重装の後ろに配置して、安全に攻撃することができます。前衛単体で敵を処理しきれない場合などに役に立ちます。対象のオペレーター達「フロストリーフ★4・ラップランド★5

回復系重装

回復系重装は、敵をブロックしつつも、味方を回復することができかなりオススメ。また術耐性が高いオペレーターが多いのも嬉しい。対象のオペレーター「サリア★6

オペレーター レアリティ

★6・★5・★4は昇進2までレベルアップ可能、★3は昇進1まで、★2・★1は昇進できません。昇進は非常に重要で、一定のレベルに達した後昇進可能になります。昇進後レベルは1に戻りますが、ステータスを保持したまま「新たなスキル・素質強化」を得ることができます。

一般に、★の数が多いほど強くなります。

そのため通常、シージ★6は、クーリエ★4よりも強力です。アズリウス★5は、ジェシカ★4よりも優れています。

しかし、これは同じ役割の場合のみそう言えるのであって、役割をまたいで★で比較するのはとても愚かなことです。適材適所オペレーター達は、役割を複数こなせるようには設定されていないのでね。

たとえば、メテオリーテ★5は、ジェシカ★4と交換はできません。両者共に狙撃ですがメテオリーテは、浮遊ユニットを優先攻撃しませんが、ジェシカは優先して攻撃できます。


レアリティの低いオペレーターは、通常レアリティの低いオペレーターよりもCostは低いです。何が問題かというと、レアリティの高いオペレーターばかりでチーム編成をしていまい、配置できずにクリアが難しかったりします。

レアリティの低いオペレーターはレベルアップも安価です。なのでゲーム序盤に★3・★4などを育成するしないでは、かなりゲームの進行が変わります。

結論としては、

チーム編成時、できるだけレアリティの高いオペレーターを加え、更にどんなステージにも対応できるような、バランスの取れたチームを作成しましょう。